So-net無料ブログ作成

絵描きの技術論 [山口晃]

ほぼ日刊イトイ新聞に、山口晃さんのインタビューが掲載されました。


画家・山口晃さんに訊く「絵描きの技術論」

技術とは なぜ 磨かれなければならないか。


第1回 磨くほど透明になってゆくもの。

第2回 直観の精度。

第3回 現実が「見えてしまう」から。


こちらからご覧ください。
⇒ http://www.1101.com/yamaguchi_akira/2013-04-17.html

山口晃さんの作品はここで見ることができます。

●『山口晃展 付り澱エンナーレ 老若男女ご覧あれ』
  横浜のそごう美術館
  4月20日(土)~5月19日(日)
  ⇒ http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/index.html

●『ジパング展―沸騰する日本の現代アート』
  高崎市美術館
  4月7日(日)~6月16日(日)
  ⇒ http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/art/jipang.htm

●『アートの森で体感する、ワンダフル・マイ・アート 高橋コレクションの作家たち』
  河口湖美術館
  4月14日(日)~9月16日(月)
  ⇒ http://kgmuse.com/exhibition/kaisaichu/wonderful/index.html




山口晃 大画面作品集

山口晃 大画面作品集

  • 作者: 山口晃
  • 出版社/メーカー: 青幻舎
  • 発売日: 2012/12/03
  • メディア: ペーパーバック



ヘンな日本美術史

ヘンな日本美術史

  • 作者: 山口 晃
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2012/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


-----------------------------------------------------------------------------

『こころのアポリア――幸福と死のあいだで』刊行記念  トークセッション

小林康夫“ 屑の光 ”

ここ10数年に発表したエッセー・小論32編を纏めた『こころのアポリア――幸福と死のあいだで』。
〈屑〉という本質的に断片である〈非-作品〉を取り集めることによって「無の光」が差し込む場をつくるという発想から生まれた美しい書物をめぐる、著者自身の語り。

会場 ジュンク堂書店池袋本店
日時 2013年5月9日(木)19:30 ~

要予約

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=19

-----------------------------------------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

法律・美術書を中心に広く人文書を刊行する羽鳥書店の営業担当が書いています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。