So-net無料ブログ作成
検索選択
谷中・根津・千駄木 ブログトップ
前の10件 | -

根津・千駄木下町まつり [谷中・根津・千駄木]

10月15日(土曜日)、16日(日曜日)、

根津神社をメイン会場として

第18回根津・千駄木下町まつり 「届け 下町人情 熊本へ!」が開催されます。

詳細はこちらをご覧下さい。
⇒ http://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/event/matsuri/shitamachi.html


谷根千ちいさなお店散歩

谷根千ちいさなお店散歩




タグ:根津神社

しのばずくんの本の縁日 [谷中・根津・千駄木]


11月3日(木・祝)

千駄木にある養源寺境内にて本のイベントがあります。


秋の一日、千駄木のお寺が
新刊や古本、ミニコミで埋まります。


しのばずくんの本の縁日 2016


日時 11月3日(木・祝) 10:00~16:00(雨天開催)
会場 養源寺境内(千駄木5-38-3)雨天の場合は本堂地下ホールほかにて開催。


羽鳥書店も出店いたします。


[新刊書店]
往来堂書店

出版社]
亜紀書房、朝日出版社、京阪神エルマガジン社、産業編集センター、晶文社、タバブックス、小さい書房、DU BOOKS、童心社、ナナロク社、西日本新聞社、農文協、パイ インターナショナル、羽鳥書店、ビーナイス、ビレッジプレス、本の雑誌社、山と渓谷社、立東舎、リトルモア

この他にも古書店、ミニコミ、リトルプレスなどの出店があります。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://sbs.yanesen.org/?p=4396

タグ:往来堂書店

谷中と、リボンと、ある男 [谷中・根津・千駄木]

古書ほうろうにて

9月2日(金)~12日(月)

のこぎり屋根の跡から見つかった「渡辺四郎コレクション
「谷中と、リボンと、ある男」展が、開催されます。

9月4日(日)と11日(日)15:00~16:00にはトークイベントも開催されます。

 9/4(日)  宮本英治氏(文化学園大学テキスタイル研究所所長)
     「100年前の織り図を読む」

 9/11(日) 玉川寛治氏(産業考古学会)
     「渡辺四郎蔵書からみるリボンの歴史」

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/zh-hans/node/8202

ナンダロウアヤシゲのみせばん [谷中・根津・千駄木]

7月9日(土)、10日(日)

光源寺にて
毎年恒例の
ほおずき千成り市があります。

光源寺の場所などはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_jisha_kogenji.html

それにあわせて
こちらも毎年恒例となっている
古書ほうろうの店番を南陀楼綾繁さんがされます。

今年の同僚は昨年に引き続きモビール作家のよしいくえさん。

スペシャルイベントもあります。

7月9日(土)17時~と19時~
とんちピクルスさんのDJ
「とんち生ラジオ 音のお便り」

7月10日(日)17時~21時
青木隼人さんのギター演奏があります。

古書ほうろうのホームページはこちらになります。
⇒ http://horo.bz/

古書ほうろうの営業時間は12:00~23:00ですが
南陀楼綾繁さんが店番されれるのは12:00~21:00頃までです。

いつも傍らにコーヒーと本 [谷中・根津・千駄木]

『ダ・ヴィンチ』2015年10月号の特集は

いつも傍らにコーヒーと本


羽鳥書店の事務所がある千駄木周辺の喫茶店も紹介されています。


「本のまちの喫茶店~谷根千」というページでは谷根千の書店の3人がそれぞれお気に入りの喫茶店を紹介しています。

古書信天翁の山崎さんは「HAGI CAFE」を
⇒ http://hagiso.jp/cafe/

古書ほうろうの宮地さんは「ケープルヴィル」を
⇒ http://capleville.com/

往来堂書店の笈入さんは「つむぐカフェ」を
⇒ http://tsumugucafe.com/


「あの人と行く喫茶店」というコーナーでは

森まゆみさんが

「鴎外ゆかりの団子坂でラテアートを楽しむ」

エスプレッソファクトリーを紹介しています。
⇒ http://ameblo.jp/esp-f/


ダ・ヴィンチ 2015年10月号

ダ・ヴィンチ 2015年10月号




不忍通り、いま、むかし [谷中・根津・千駄木]

森まゆみさんのトークイベントが開催されます。


森まゆみ『「谷根千」地図で時間旅行』(晶文社)刊行記念のトークイベント

「森まゆみさんにきく 不忍通り、いま、むかし」

日時 8月9日(日)15:00~16:30(開場14:30)
会場 文京区汐見地域活動センター 会議室A (本郷図書館2階)
定員 40名(先着順)

参加申込は往来堂書店店頭になります。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://ohraido-oshirase.blogspot.jp/


「谷根千」地図で時間旅行

「谷根千」地図で時間旅行




ナンダロウアヤシゲの5回目のみせばん [谷中・根津・千駄木]

7月9日(木)、10日(金)

光源寺にて
毎年恒例の
ほおずき千成り市があります。

光源寺の場所などはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_jisha_kogenji.html

それにあわせて
こちらも毎年恒例となっている
古書ほうろうの店番を南陀楼綾繁さんがされます。

今年の同僚はモビール作家のよしいくえさん。

イベントなどいろいろと企画されているようです。
詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ http://horo.bz/event/miseban20150709-10/

東京の「近隣地区」書店から見た暮らしの息づく街と書店のリアリティ [谷中・根津・千駄木]

白桃書房の新刊『チャイナタウン、ゲイバー、レザーサブカルチャー、ビート、そして街は観光の聖地となった─「本物」が息づくサンフランシスコ近隣地区』の特設サイトで

往来堂書店・笈入店長のインタビューが掲載されていますが、

往来堂書店の店内で撮影された画像に上田義彦『A Life with Camera』のポスターが写っています。
5種類あるうちの「ロバート・ メイプルソープ」のポスターです。

東京の「近隣地区」書店から見た暮らしの息づく街と書店のリアリティ
─往来堂書店店長 笈入建志氏インタビュー
はこちらからご覧ください。
⇒ http://topic.hakutou.co.jp/sanfrancisco/310/





羽鳥書店ギャラリー [谷中・根津・千駄木]

5月3日(日)谷中根津千駄木で毎年恒例の一箱古本市が開催されます。

羽鳥書店もお馴染みの「羽鳥書店ギャラリー」開催します。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒  http://sbs.yanesen.org/?page_id=3940

不忍ブックストリートの10年展 [谷中・根津・千駄木]

不忍ブックストリートの10年展.jpg

「本と街と人」をつなぐ
「不忍ブックストリートの10年」展が、

10月7日(火)~19日(日)
12:00~21:00

HAGISO(台東区谷中)で開催されます。

2005年から谷中・根津・千駄木を舞台に本に関する活動を行ってきた不忍ブックストリート。
これまでのMAPや一箱古本市の様子展示し、10年間を振り返ります。はとさんのイラスト原画も展示します。


会期中のイベントは以下の通りです。

10月7日(火)
トーク「一箱古本市の魅力」
出演 甘夏書店、ゆず虎嘯、レインボーブックス、(司会)吉井孝博(やまがら文庫)
時間 19:30~(開場)19:00

「オープニングパーティ
開始 20:30~
参加費 500円+1drink

10月9日(木)
「不忍ブックストリーム出張版」
時間 22:00~

10月12日(日)
ミニ一箱古本市「南陀楼綾繁賞」セレクト
ちのり文庫、雲雀洞、ほくろ堂、こなつ堂
時間 12:00~17:00

10月14日(火)
トーク「一箱古本市の大家さんに訊く町の話」
出演 牧住敏幸(貸はらっぱ音地)、小笠原康博(喜多の園)、仰木ひろみ(旧安田楠雄邸)、平山陽(戸野廣司記念劇場)、司会 南陀楼綾繁
開始 20:30~
参加費 500円+1drink

10月17日(金)
「荒野の水槽楽団ライブ」
近藤十四郎(vo,g.)、鈴木等(g.)、浦島林平(key.)、渡辺聡彦根(per.)
参加費 2000円+1drink
予約優先

10月19日(日)
ミニ一箱古本市「助っ人さんの箱」
時間 12:00~17:00

HAGISOのサイトはこちらになります。
⇒ http://hagiso.jp/

前の10件 | - 谷中・根津・千駄木 ブログトップ

法律・美術書を中心に広く人文書を刊行する羽鳥書店の営業担当が書いています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。