So-net無料ブログ作成
検索選択

山形ビエンナーレ [イベント]

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016が

9月3日(土)~25日(日)まで開催されます。

初日の3日(土)17:00~18:30には三瀬夏之介さんが登場するトークイベントもあります。

絵解きナイト 第1夜 「モノノケをモノ語る」

畑中章宏(著述家・編集者)×三瀬夏之介(日本画家)×坂本大三郎(山伏・「十三時」店主。)

会場 とんがりビル2F「サンデーブース」(山形市七日町2丁目7-23 とんがりビル2階)

(予約不要・入場無料)

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ https://biennale.tuad.ac.jp/programs/1853


会期中は「洗心庵」にて三瀬さんの作品が展示されています。

※ 9/24(土)13:00~14:30には、トークイベント「洗心庵を読み解く」三瀬夏之介×井上貴詞もあります。

⇒ https://biennale.tuad.ac.jp/programs/1364


石田榮写真集『はたらくことは、生きること』の題字を書かれた書家の華雪さんも
山形ビエンナーレに参加されています。

⇒ https://biennale.tuad.ac.jp/programs/1322


「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」の公式サイトはこちらになります。
⇒ https://biennale.tuad.ac.jp/



冬の夏

冬の夏




『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

  • 作者: 畑中 章宏
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: 新書



山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)

山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)

  • 作者: 坂本 大三郎
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はたらくことは、生きること―昭和30年前後の高知

はたらくことは、生きること―昭和30年前後の高知

  • 作者: 石田 榮
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

谷中と、リボンと、ある男 [谷中・根津・千駄木]

古書ほうろうにて

9月2日(金)~12日(月)

のこぎり屋根の跡から見つかった「渡辺四郎コレクション
「谷中と、リボンと、ある男」展が、開催されます。

9月4日(日)と11日(日)15:00~16:00にはトークイベントも開催されます。

 9/4(日)  宮本英治氏(文化学園大学テキスタイル研究所所長)
     「100年前の織り図を読む」

 9/11(日) 玉川寛治氏(産業考古学会)
     「渡辺四郎蔵書からみるリボンの歴史」

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/zh-hans/node/8202

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

季刊ritokei(リトケイ) [書評・紹介]

リトケイ カバー.JPG


有人離島専門新聞『季刊ritokei(リトケイ)』2016年秋号(NO.18)

特集 いろんな島のどうぶつたち

この号の「島Books & Cluture」の「Topics 島をより深く味わう1冊」のコーナー

小野智美『50とよばれたトキ』が紹介されました。

帽子が救った 奇跡の卵 トキと飼育員の 絆が生んだ物語

リトケイ トピックス.JPG

『季刊ritokei(リトケイ)』は全国約120島、約350ヵ所にて配布・閲覧を行っているほか、インターネットや一部書店んにて販売しています。

『季刊ritokei(リトケイ)』の詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://ritokei.com/






50とよばれたトキ

50とよばれたトキ

  • 作者: 小野 智美
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2012/05/11
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

社会科学の過去・現在・未来 [イベント]

明治学院大学の公開セミナーに木村草太先生が講師として登場されます。


テーマ  社会科学の過去・現在・未来

開催日時 9月20日~1月17日(11/1除く毎週火曜日) 16時45分-18時15分 全15回
開催場所 明治学院大学 横浜キャンパス 7号館2階 720教室

木村先生は第4回の10月11日に。

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.meijigakuin.ac.jp/~iism/events/seminar/seminar16.html

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

道後温泉 [山口晃]

道後温泉.JPG


山口晃画伯による「道後アート2016 街歩き旅の介 道後温泉の巻」の

チラシと団扇をミヅマアートギャラリーで入手しました。
(無料配布)

ミヅマアートギャラリーは木曜日まで休廊中、
次の展示は26日(金)より

ディレクター三潴末雄が選んだ6人のアーティストによるグループ展「眼差しと好奇心―anomaly―」です。
詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://mizuma-art.co.jp/exhibition/16_08_eyes_curiosity.php


すゞしろ日記

すゞしろ日記




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ビートルズ来日50周年のロゴデザイン [その他]

『四万十日用百貨店』の著者であるデザイナーの迫田司さんが

ビートルズ来日50周年のロゴマーク」のデザインをされました。

8月19日更新の高知新聞のサイトより。
⇒ https://www.kochinews.co.jp/article/43206/


四万十日用百貨店

四万十日用百貨店




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

恵文社一乗寺店 [書店]

京都の恵文社一乗寺店にて

石田榮写真集『はたらくことは、生きること』のパネル展示がはじまりました。

展示の模様は「KEIBUNSHA スタッフブログ」で紹介されています。
ご覧ください。
⇒ http://keibunshabooks.hatenablog.com/entry/2016/08/20/130421

※ジュンク堂書店池袋本店9階でもパネル展が開催中です。

石田榮写真集応援サイトはこちらです。
⇒ https://ikirukoto.tumblr.com/



はたらくことは、生きること―昭和30年前後の高知

はたらくことは、生きること―昭和30年前後の高知

  • 作者: 石田 榮
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

山口晃展 松山シフト [山口晃]

9月1日(木)~11月20日(日)まで

愛媛美術館2階の常設展示室2にて

「山口晃展 松山シフト ~道後に関する作品から代表作まで~」が開催されます。


9月1日(木)14時からは
山口晃画伯のアーティスト・トークもあります。


詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.ehime-art.jp/tenrankai/josetsuten/doc/indexyamaguchi.html



山口晃 大画面作品集

山口晃 大画面作品集




タグ:山口晃
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

小野田直武と秋田蘭画 [イベント]

六本木のサントリー美術館にて

2016年11月16日~2017年1月9日まで開催される

「世界に挑んだ7年 小野田直武と秋田蘭画」展

この企画展の関連プログラムとして

鴻池朋子さんのトークイベントがあります。

日時 12月18日(日) 14:00~15:30
会場 サントリー美術館 6階ホール
定員 100名
聴講料 700円(別途要入館料)

応募締切 11月27日(日)

詳細はこちらをご覧ください。
⇒ http://www.suntory.co.jp/news/article/mt_items/sma0023.pdf


根源的暴力

根源的暴力




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Book Club Kai [書評・紹介]

Book Club kai 102.JPG


南青山にある、Sporotual Bookstore Book Club Kai が、発行している

News Letter」vol.102に

田中純『過去に触れる』が紹介されました。

mind
body
life
society
wisdom
spirit
thought
art
science

というジャンルの中の「thought」のコーナーにて。

一部を引用します。
写真を通して、過去の出来事・惨事と遭遇した際、それは情報や知識ではなく、身体を通した感覚的経験となる。」

Book Club Kaiのサイトはこちらになります。
⇒ http://www.bookclubkai.jp/index.html



過去に触れる―歴史経験・写真・サスペンス

過去に触れる―歴史経験・写真・サスペンス




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

法律・美術書を中心に広く人文書を刊行する羽鳥書店の営業担当が書いています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。